CONTACTお問い合わせ
会社情報

TOP MESSAGE

トップメッセージ

日本の産業・社会インフラを支えるナンバーワン必須技能・技術者集団を目指す

日本の産業・社会インフラを支える
ナンバーワン必須技能・
技術者集団を目指す

当社グループは、あらゆる産業・社会インフラへのメンテナンス・エンジニアリング・マネジメント技能と技術により、社会のサステイナビリティになくてはならないサービスを提供します。お客様のために、現場での課題解決に最後まで取り組む技能者となること、そのために必要な全体性を備えた「人」を形成することが我々の価値の根源です。

メンテナンスに付加価値を

2040年までに日本全体で、東京都の現人口の2倍弱にものぼる生産年齢人口が減ると予測されています。そんな中、これまでに築かれた膨大な産業・社会インフラへの適切なメンテナンスへの需要は残り続けます。労働集約産業の色合いが強いメンテナンス分野では、一人当たりの生産性を上げていく必要があります。単純作業はどんどんIoT/AIにとって代わられていく時代ですから、IoT/AIを前提としたオペレーションが私たちには求められ、ますます必要となってくるでしょう。ただ目の前の作業をこなしていくのではなく、お客様の問題を見極め、求めるものを解決していくという、AIにはまだ成し得ない付加価値を持った人材が今こそ必要になってきているのです。 弊社には長年培ってきた経験があり、コツコツと正確に作業を進めていく職人魂を持った素晴らしい技能・技術者にも恵まれています。しかし、顕在化されてきているニーズに早期に対応していくためには、今まで通りのひたむきな姿勢だけでは足りません。時代の変化に合った付加価値をつけていかないと、多種多様な会社が林立するこの業界で、市場から選ばれ続ける存在にはなれないと考えるからです。

そこで、今まで以上に重要になってくるのは、「人間としての全体性」です。技能・技術者個人のスキルとともに、どんな案件にもフレキシブルに対処、お客様のために問題解決を行うマインドを持ち合わせている社員が、これから価値を発揮していくでしょう。

私には今後挑戦すべきことが大きく2つあります。1つは、技能・技術者たちのスキルを高水準で発揮し続けてもらうための仕組みを作ること。そしてもう1つは、社員一人ひとりが自身の得意なフィールドで力を発揮できるような、言わば、圧倒的な個の力を開発できるような場所を提供していくことです。 この2つの挑戦を通じ、社会から継続的に求められるような会社であり続けることが経営者としての私の使命です。これらを通し、社員の職業人としての成長、社員同士が仲間として結びつく場の形成、そして経済的安定を実現したいと考えています。

今この時代は、特に労働集約産業に大きな変革がもたらされる時期に当たります。これまでと同じようにやっているのであれば、自ずから市場からの退場を求められるでしょう。「改善」ではなく「革新」、「変革」が必須なのです。
今後新しいテクノロジーを用いて、より高度なサービス体制を築けるようにするのはもちろんですが、顧客に密着して技術サービスを提供する立場である我々だからこそ集められる様々な情報を活用することで、これまでのように顧客のコスト側のみでなく売上の側にも付加価値をもたらせるようにしたい。それがME(メンテナンス&エンジニアリング)であると、社員の皆さんと共に新たな価値を創造していきたいと思います。

取締役社長 平野 大介